Dropbox

スポンサーリンク

 

今となっては「Dropbox(ドロップボックス)」という言葉 をよく耳にする様になったものの、Dropboxって一体何?、Dropboxがあるとこれまでの生活と比べて何がどう変わるの?、実は知らない方も少なくないのでは?Dropboxは世界規模のシェアをもつWebストレージサービスの一つで、手元のPCやスマホ等とは別のところにあなただけのスペースを保有してファイル等を保存することができるサービスをメインとして、効率的に共同作業する為のコミュニケーションツールといった一面もあるのです。

Dropboxの料金ってどれくらい掛かるの?

Dropboxが提供するプランは以下の3種類があります。

①Basic
月額料金: 無料
年額料金: 無料
ストレージ容量: 2GB
②Pro
月額料金: 1,200円
年額料金: 12,000円
※年払いがお得ですね♪
ストレージ容量: 1,000GB(1TB)
③Business
月額料金: 5ユーザー7,500円~
年額料金: 5ユーザー75,000円
ストレージ容量: 必要に応じ無料追加(別途申し込み)
※料金は全て税別
※年額料金は年払いを選択した場合の料金
※Businessプランは、契約ユーザー数5名から
無料のBasic プランで使用出来る容量は2GBですが、家族や親しい友人など、Dropboxに招待してインストールが成立すると、招待した側に500MBのBonus容量が追加されますので、実質2.5GBが無料で使用出来るようになりますので、これを利用しない手はありませんね。まずはそれで使ってみて、もっと容量を大きくしたいと思った時に、Pro版などへのアップグレードを検討しても遅くはないでしょう。

Dropboxの容量ってどれくらいあるの?

ネット上にファイルを置いておくことで、iPhone やPC等で何処からでもアクセス可能になるDropbox。ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもご家族と画像ファイル等を共有する為に使用している方もおられるのでは?そこで気になる事の一つが何といっても容量ではないでしょうか。Dropbox は無料・有料、またはビジネス版で容量や機能にそれぞれ違いがあるんです。無料プランの場合、容量は 2 GBになります。もしも無料プランでは容量が足りないという方は、有料版の「Dropbox Pro」にアップグレードした方が良いでしょう。月額 1,200 円(または年額 12,000 円)かかりますが、容量1 TB(1,000GB)を利用することができます。またDropbox には、個人版のみならずビジネスシーンにおいても利便性を高めるため「Dropbox Business」というプランも存在します。利用者一人につき月額1,500 円掛かりますが、容量は無制限に使用できて、さらには複数名で作業を行う為の機能が備わっています。

Dropboxでファイルなどを共有するにはどうしたらいいの?

ファイルの保存や共有など、うまく使いこなせば本当に便利な「Dropbox」。クラウドを利用しますので、設定や操作についてハードルが高そうな印象がありますが、いざ使ってみると案外カンタンです。クラウド上にデータを保存する事によって、ネット環境さえあれば何処からでもデータにアクセス可能となり、アップしたデータを公開したり、他ユーザーと共有できる機能も備えています。
共有のやり方ですが、以下の2つの方法があります。
・ファイルの共有リンクのURLを相手に送る
・フォルダに共有設定を行ない、相手にアクセス権限を与える
1)ファイルの共有リンクのURLを相手に送る
PCから行なう場合)
Dropboxを起動 ⇒共有したいファイルを右クリック(Macの場合はOptionキー+クリック)。
メニュー ⇒「Dropboxでリンクを共有」を選択 ⇒共有リンクのURLがクリップボードにコピーされる。
これをメールなどに貼り付け(ペースト)し共有したい相手に送信すればOK。
モバイルアプリの場合)
①iOS版
ファイルを選択し画面右上の共有アイコンをタップ ⇒「リンクをコピー」を選択。
②Android版
ファイル横の▼ボタンのタップ後に出てきたメニューの「共有」を選択 ⇒「リンクをコピー」をタップ ⇒共有リンクのURLがコピーされます。
この共有リンクのURLを相手がクリック又はタップする事によって、自動的にファイルが表示され、ダウンロードが可能になります。
2)フォルダに共有設定を行ない、相手にアクセス権限を与える
共有フォルダを設定するには、Dropbox内からフォルダを選択し共有設定を行ったうえで、フォルダを利用するメンバーを招待する、という事が必要になります。
PCの場合)
Dropboxを起動 ⇒Dropboxフォルダ内から共有したいフォルダを選んで右クリック(Macの場合はOptionキー+クリック) ⇒出てきたメニューから「このフォルダを共有」を選択。 ⇒表示された共有メンバー招待画面で招待したいメンバーのメールアドレスを入力 ⇒「フォルダを共有」をクリック。
モバイルアプリの場合)
①iOS版
Dropbox内の共有したいフォルダをタップ ⇒画面右上の共有アイコンをタップ ⇒「共同作業の相手を招待する」を選択 ⇒メールアドレスを入力 ⇒右上の「招待する」をタップ
②Android版
Dropbox内の共有したいフォルダの脇にある▼ボタンをタップ ⇒「共有」をタップ ⇒「フォルダに招待」をタップ ⇒メールアドレスを入力 ⇒右上の送信ボタンをタップ
※ここで送ったメンバーの招待メールのアドレスが相手のDropboxアカウントのIDに使用されている場合
招待状の中の「フォルダを表示」ボタンをクリック又はDropboxに表示される共有の通知内の「表示」(iOS版の場合)や「承認」(Android版の場合)をタップすることによって、すぐに共有フォルダを開く事が可能です。

>>よろしければ管理人イチオシの書籍の紹介もご覧ください
Dropboxはコチラ

コメントを残す